バリ島のほほんダイビングサービス

 

バリ島スローダイビング
スキルや身体の不安を解消するお手伝い
ダイバーズクリニック


●生理について

女性に生まれた以上、月に一回、約一週間は生理が来るのは必至です。
では、生理になってしまったら、どうやってダイビングすればいいのでしょうか?

一般的には、生理中のダイビングは問題はありません

普段の生活に支障がない程度の症状であれば、生理用品を使用することで通常のダイビングをしてもらえます。腰痛や腹痛等の生理痛がひどい場合や、精神的に不安定な場合等は、無理してダイビングをする事はやめましょう。


生理用品を使用する

◆ウェットスーツの場合
○ナプキンの使用
え?と思われるかもしれませんが、使用できます。ただ、海水まで吸収してしまいますから、海からあがった時、スーツについてしまったり、スーツを脱いだ時に海水とともに血液がしみ出てしまう事があります。ダイビング後、なるべくすぐにトイレに行き、新しいナプキンに替えるようにしましょう。

○タンポンの使用
使用経験のある方は、普段通り使って頂けます。衛生面を考えると、1ダイビング毎に替えた方が無難です。普段と同じようにダイビングができるのでお勧めです。使用法を守り、無理のないようにご利用下さい。使用経験のない方は、無理しないようにして下さいね。

◆ドライスーツの場合
ドライスーツはスーツ内に水が浸入してこないので、普段生活の中で使用している方法で問題ありません。


鎮静剤の使用について

生理痛がある方は、鎮痛剤を飲むのも良いのですが、あまりひどい場合は無理にダイビングする事は絶対にやめましょう。また、市販の薬にはダイビングには向かない成分が入っている場合もありますので、ダイビングを理解している医師から薬を処方してもらうのがお勧めです。





 〜ダイビングスキル編〜
   ●マスクに水が入ってくる
   ●中性浮力が上手くできない
   ●エアの消費が人よりも早い
   ●潜降できない
   ●浮き上がってしまう


 〜体の悩み編〜
   ●耳ぬきが苦手
   ●Exすると鼻血が出る
   ●ダイビング後に頭が痛くなる
   ●船酔い(乗り物酔い)する
   ●コンタクトレンズを使っている
   ●薬を飲んでいる
   ●歯を治療中


 〜女性ダイバーの悩み編〜
   ●生理について
   ●妊娠・出産後
   ●冷え性

  その他、何かありましたらこちらまでご相談下さい。



 バリ島ダイビングのご質問、
 ダイビングスキルや、身体に対するご相談等ありましたら、
 メールにてお問合せ下さい。
 ダイビングの不安を解消して、バリ島ダイビングを満喫して下さい!


くらげ村にメール!


バリ島ダイビングTOP バリ島くらげ村紹介 くらげ村スタッフ SlowDiveスタイル お客様の声
ファンダイビング リフレッシュダイブ サファリダイブ WEBライセンスコース ライセンスコース
体験ダイビング パッケージプラン シュノーケリング 無料シュノーケルスクール アフターダイブは?
よくあるご質問 ダイバーズクリニック くらげ村グッズ LINK集 料金のご案内
バリ島水中写真 バリ島動画youtube バリ島情報あれこれ バリ島自由自在! 日本〜バリ アクセス
旅行サンプルプラン ダイビング用語語録 インドネシア語会話 バリ島ダイビングログ くらげ村日記
全くお遊びのページ くらげのjalanjalan メルマガレター サイトマップ 個人情報保護方針


Copyrights © 2007-2008 バリ島ダイビングサービス jellyfish divers village, All Rights Reserved.