バリ島のほほんダイビングサービス

 

バリ島スローダイビング
日本からのアクセス・バリ島旅行中のプラン等
お気軽にご相談下さい


バリ島旅行サンプルプランも合わせてご参照下さい。
■旅のスタイル
●旅行会社のバリ島ツアーに申し込む。
5日間・6日間のツアーが主流。
ツアー内容がご自身の希望されるスタイルに合っているか、しっかり比較しましょう。
 (参考旅行会社・・・ てるみくらぶ

【CHECK!】
★滞在日数 利用する航空会社によっては深夜に到着する便もあり、到着日はホテルにチェックインして1日目が終わりとなるので注意して下さいね!
★滞在場所 クタ・スミニャック・ヌサドゥア・ジンバラン・ウブド・サヌールなどから多くチョイスされてます。『くらげ村』はサヌールにあります。
★滞在ホテル 高級ホテルから中級ホテルまで色んな価格設定があります。ご予算や、立地なども考えて選びましょう。
★利用航空会社 出発時間・到着時間・直行便・経由便など様々です。無理・無駄のない航空会社を使っているツアーを探しましょう。
★ツアー内容 ダイビングを中心に計画するなら、滞在中全てフリープランのものがいいでしょう。観光などは現地でも手配出来ます。くらげ村へご相談下さい。

●個人旅行で手配する。
長期間の日程が可能なら、個人で手配する方が安いです。
飛行機・ホテルなど全てご自身の希望でプランニングが出来ます。
 (参考旅行会社・・・ イーツアー てるみくらぶ

【CHECK!】
★航空券手配  出発日や直行便・経由便によって値段が変わります。各旅行会社でもチケットの値段が様々です。色々当たってチケットを手配しましょう。インターネットで申し込むと店頭で買うよりより安い所も沢山あります。
★ホテル手配  日本から予約をしておくか、現地空港のホテル予約カウンターで手配する事もできます。バリ島は超高級ホテルから超エコノミーな宿まで揃っているので、予約無しで直接ホテルに当たってみても部屋は必ず見つかります。くらげ村でもご紹介させて頂きます。
★空港送迎  ホテルを日本から予約するなら、空港までの送迎も頼んでおきましょう。予約をしていない場合は、空港でチケット制のタクシーがあるのでそれを利用するか、くらげ村へご相談下さい。

■フライトスケジュール
●日本各地→バリ島(デンパサール行)
出発地 航空会社 出発曜日 便名 出発時刻 到着現地時刻 所要時間
東京 ガルーダ
 インドネシア航空
毎日 GA881 11:00 17:15 7時間15分
日本航空 毎日 JL729 16:10 22:25 7時間15分
大阪 ガルーダ
 インドネシア航空
月・水・木・金・日 GA883 11:00 17:00 7時間
日本航空 月・水・金 JL715 18:35 0:20 6時間45分
火・木・土 JL715 17:40 23:25 6時間45分
中部 ガルーダ
 インドネシア航空
火・木・土 GA889 11:00 17:00 7時間
●バリ島(デンパサール発)→日本各地
到着地 航空会社 帰国曜日 便名 出発現地時刻 到着時刻 所要時間
東京 ガルーダ
インドネシア航空
毎日
(ジャカルタ経由)
GA880 22:00 8:50 9時間50分
日本航空 毎日 JL720 23:55 8:00 7時05分
大阪 ガルーダ
インドネシア航空
月・水・木・金・日 GA883 0:10 8:00 6時間10分
日本航空 月・水・木・日 JL716 0:50 8:50 7時間
火・金・土 JL716 1:35 9:35 7時間
中部 ガルーダ
インドネシア航空
火・木・土 GA888 0:10 8:10 7時間

■出発前の準備
★海外旅行傷害保険の加入。
インターネットでも、空港でも加入できます。クレジットカードに付帯されている保険もあります。保険の内容を確認しておきましょう。
*保険内容がパッケージになっているものが多いですが、比較的割高になります。必要な保証だけを単価掛けすると安くする事も出来ます。
(参考まで・・・
海外旅行保険 AIU )

★現金の用意
円で持って行って現地で両替が出来ます。現金の持ち歩きが心配な方は、トラベラーズチェックやクレジットカードを用意しましょう。また、インターナショナルキャッシュカード(*)も便利。現地のATMで日本の口座から現地通貨を引き出せます。(レートは少し下がりますが・・・)
*インターナショナルキャッシュカード・・・ 新生銀行CITIBANK などで取り扱いがあります。

★国際運転免許証の申請
現地にてレンタカーやレンタルバイクを借りられる場合は、用意をしておいた方がいいでしょう。
ただ、インドネシアは、国際免許証が有効となるジュネーブ条約には加盟していません。
借りる事は出来ますが、万一、事故や警察に停められた場合、トラブルとなるケースも出てきます。

★荷造り
 『持ち物チェックリスト』を参考に。。。

★空港までの交通手段の確認
バス・電車・車など、空港までの所要時間や運賃などを確認しておきましょう。
リムジンバスは事前予約が必要な会社もあります。

■出発当日

★パスポートと航空券だけは絶対に忘れないように再チェック!!
★空港へは飛行機の出発時間の2時間前に集合となります。バス・電車・車など余裕を持った時間で行きましょう。
★チェックインが遅くなると、友達同士がバラバラの席になってしまうこともありますよ〜。

■機内にて

★飛行機によっては、入り口付近に新聞や雑誌が置いてあるので、早めにゲートインしてゲットしておきましょう。
★非常口の場所も大切ですが、トイレの場所のチェックも必要です。
★映画や機内音楽などを聴いて、気長に機内生活を過ごしましょう。機内で読む本を用意しておくのもいいですね。
★ドリンクサービスやお食事などを楽しみましょう。
★トイレにでも行くついでに、体の血液の循環を良くしておきましょう。(食後はトイレが込むのでずらした方がいいですね)
★少しアルコール飲料(ビール・ワイン・ウィスキー等)を飲んで、眠るのも手。上空での飲酒は良い易いので気をつけて!!
★出入国カードと税関申告書が配られます。予め記入をしておきましょう。

■バリ島上陸
★さ〜、そろそろバリ島上空。天気がよければ、バリ島の最高峰アグン山が見えます。
★日本との時差は−1時間。時計の合わせ方は分かりますか?
★飛行機が停まってシートベルトのサインが消えたら、サインが消えたらですよ。手荷物など忘れ物のないように降りましょう。
★気が競って前の人を押さないように。飛行機から早く出ても、荷物が出てこないと一緒ですから・・・。
★飛行機から一歩タラップに出ると、ガムラン音楽と、南国の生暖かい空気と、お香の匂いが皆様を包込みます。
★人の流れに付いて行きましょう。『Arrival』の看板目指して!

○第一関門! 観光VISA取得です。『VISA ON ARRIVAL』へ進んで下さい。
・観光で、7日間以内の滞在の場合:$10
・観光で、8日以上30日以内の滞在の場合:$25
★日本から予め$紙幣を用意しておく方がいいでしょう。支払ったらレシートを受け取って下さい。  
*他のビザをお持ちの方は、『NON VISA ON ARRIVAL』のカウンターへ進んで下さい。

○第二関門! イミグレーション(入国審査)です。何故だか、何も悪い事でもないのにとっても緊張する瞬間・・・。
★パスポート・VISA代のレシート・帰りの航空券・機内で記入した出入国カードを係員に渡してください。
★パスポートが戻ってきたら、スタンプが押されているかと日付の確認をしましょう。
★出入国カードの半券(出国カード)があるかの確認しましょう。
*この出国カードは帰りの出国審査時に必要です。紛失すると、出国時にお金を要求されてしまう事もあります。絶対に無くさないようにパスポートと一緒に保管しておきましょう。
★帰りの航空券があるかの確認しましょう。

○第三関門!? 手荷物X線検査です。殆ど見てなさそうな検査です。。。

○ターンテーブルへ
★乗ってきた飛行機のフライトナンバーが表示されているターンテーブルで預けた荷物を待ちましょう。
★同じようなスーツケースがあるので間違わないようにしましょう。予め分かり易い目印をつけとくといいですね。
*荷物が出て来ない場合
バッゲージクレームカウンターがあるので、そこで荷物を預けた際にもらったクレームタグを提示してロストバッゲージの手続をしましょう。
★さ〜、ここから少し緊張度を高めて下さいね!
*自分の荷物が見つかると、職員らしく制服を来た人が親切に荷物を持って行ってくれようとします。その人たちはポーターです。後で必ずチップを要求してきますので、必要でなければ「NO!」とはっきり断って下さいね。

○税関カウンターへ!
★機内で記入した税関申告書を提出します(申告する物がない場合も)。
★大きな荷物をもっていたり、海外へ頻繁に行ってたりする人は荷物を開けさせられることもあります。

【持ち込み制限】    以下に該当する場合は申告して下さい。
 ・外貨 RP1億以上は申告
 ・現地通過 1億以上は申告
 ・たばこ 200本まで、葉巻50本まで刻みたばこ200gまで(21歳以上)
 ・酒 1リットルまで(21歳以上)
 ・香水 適当量
 ・外国製品 一人US$250相当または、1家族につきUS$1000まで
映画フィルム・録画済ビデオテープ・レーザーディスク・レコード
 ・禁止品 漢方薬・麻薬・武器・危険物・爆発物・ポルノ・中国語表記の本など

○両替カウンターへ! 両替カウンターがいくつか並んでいますが、レートは空港内何処も一緒です。
(インドネシアの貨幣はルピア(RP)です)

・レートの見方は・・・  *レートは毎日変動します。街中では両替屋によって違います。
  たとえば、 JPY(日本円)=RP75
  つまり、 10000円=RP750000
  ちなみに、 RP10000=約133円
★凄い札束になるので、間違っていないか、カウンターから離れずその場で必ず確認しましょう!
★後から数えて「足りない」と文句を言いに行っても取り入ってくれませんので・・・・
★一度に沢山両替をする必要はないです。街中でもホテルでも両替出来ます。その日に必要な分2000〜3000円程で十分かと思います。

○到着ロビーへ!
★両替所が並ぶ一番左端の自動ドアを出ると、沢山の人が観光客を出迎えています。余りの多さにビックリしますよ!
★ツアーに申し込んできた方は、そのツアー会社の看板を上げているガイドさんを探しましょう。
★個人旅行で来た人は、タクシーカウンターでチケット(定価制)を買ってホテルまで行きましょう。
*タクシーカウンターでも、親切そうに荷物を持って行ってくれる人がいます。始めはタクシーのドライバーかなと思わせますが、これもポーターで後からチップを要求してきますので、いらない場合は「NO!」と断りましょう。

タクシーチケット料金表
 ・クタセンター     RP45000
 ・レギャン       RP50000
 ・スミニャック     RP55000〜60000
 ・ジンバラン      RP50000〜60000
 ・サヌール       RP85000
 ・ヌサドゥア     RP85000
 ・ブノア         RP90000
 ・ウブド         RP175000
 ・チャンディダサ   RP300000
 ・ロビナ        RP450000

○ホテル到着! 長時間の移動お疲れ様でした!
★フロントでチェックインをし、お部屋に入りましょう。
★荷物を運んでくれたボーイさんに1000ルピア程チップを渡すといいでしょう。
★翌日からダイビングの方は、忘れ物のないように用意をしておきましょう。
★貴重品はホテルのセイフティーボックスへ預けておきましょう。


 安心してバリ島にお越し下さい。
 ダイビング以外の面でも、ご旅行のお手伝いをさせて頂きます。
 いつでもメールにてお問合せ下さい。


くらげ村にメール!


バリ島ダイビングTOP バリ島くらげ村紹介 くらげ村スタッフ SlowDiveスタイル お客様の声
ファンダイビング リフレッシュダイブ サファリダイブ WEBライセンスコース ライセンスコース
体験ダイビング パッケージプラン シュノーケリング 無料シュノーケルスクール アフターダイブは?
よくあるご質問 ダイバーズクリニック くらげ村グッズ LINK集 料金のご案内
バリ島水中写真 バリ島動画youtube バリ島情報あれこれ バリ島自由自在! 日本〜バリ アクセス
旅行サンプルプラン ダイビング用語語録 インドネシア語会話 バリ島ダイビングログ くらげ村日記
全くお遊びのページ くらげのjalanjalan メルマガレター サイトマップ 個人情報保護方針


Copyrights © 2007-2008 バリ島ダイビングサービス jellyfish divers village, All Rights Reserved.